スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

あせっちゃダメだって・・・

2010年05月10日 15:14

やっとガンシップ本体の製作を再開フィギュアの塗装はかなり妥協して終了。
 
今回はチッピングに挑戦したいと思っていたので下地の色に悩んだ。
とりあえずグレーサフ+黒で黒サフ塗装>ステンシルバー>レッドブラウン
これで下地は完成。
食器乾燥機を使っての強制乾燥なのでサクサクと進める。

あとは機体本体の色を塗っていくわけだが… 時間が無い…
色は作ってあるし、ちょっとだけ塗ってみようかなぁ 
 
時間ないしなぁ…
 
寝ないとまずいぞ… 
 
ちょっとだけ塗っておけば後が楽だしなぁ

機体色で見たいし… 
 
ちょっとだけ塗ってみたww
 
 


シューシュー (エアブラシ音)
  
ん? 
 
あれ??

あれれ???
 
表面がどんどん砂地になっていく…!?!?
ちょwww 何事!?
 
原因は不明… 塗料の濃度は問題ないし機体色ではなく
下地がツブツブと盛り上がってきた感じ
下地がちゃんと乾いてなかったのかも… 
眼鏡をしないで作業していた分気が付くのも遅れた
見てみると広範囲で砂地になってる。 
 
この失敗は痛い… 
もう一度ペーパーがけからか… こうなるとリベットが憎い…
 
ザラザラなままでそんな機体と解釈を… 
 
そんな航空機はないだろwwwww


十分な乾燥時間をとらなかったのが悪いんだと思う… あせっちゃだめだなぁ

 
Twitterボタン


コメント

  1. moge69 | URL | CTixW4pY

    いー!? 食器乾燥機!?
    ・・・ウン ありだな!!w

    でも、その後の顛末。。。
    そんなことになるんですかね?

    リベット、邪魔ですよねw
    でも、せっかくのディテだし、自分で作るとなると
    できないし…
    で、僕は表面処理、甘々でしたよ(汗

    無理しないで、ゆっくり頑張ってください!

  2. マッキ | URL | -

    ネットで調べてみたら、水分とラッカーの揮発の関係で起こるみたいです…
     
    食器乾燥機ですが、現行だと山善のYD-180しか選択肢がないのですが、非常におすすめですw
    一般的な食器乾燥機だと、70~90℃まで温度が上がってしまうためプラが溶けます。
    YD-180は自然対流式なので40~50℃程度でラッカー系の乾燥には最適
    塗装だけでなく、合わせ目消しのための接着やパテの乾燥、石粉粘土も3~5倍は早いです。
    合わせ目消し接着の場合、最低でも3日は置いてたのが24時間で十分に乾燥します
    (外気温、湿度にもよりますが)

     
    今回の失敗は雨の日+チッピングを意識してのブラウン厚塗りだと思います…。

    今日はちまちまと修正しますw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/1212-8f62b836
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。