スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

3DS

2010年09月29日 18:57

 
この動画を見て思ったこと。
 
今流行の3DTVや映画と違い「飛び出す」物ではなく「3D演算処理向上機」ってことなのね
言って見れば、家庭用ゲーム機やPCゲームではすでに当たり前になっている
マルチアングルに対応できるようになった。
でも、必要以上に角度を付ける事で立体感を強調しているように見える
多くの人が期待していたような「飛び出して」見えるものではないと言うことだけはわかった ・w・;
これを見る限りPSPの3D処理とそんなに変わらないような… 
画質が向上してるし良いとは思うんだけど、これでソフトの開発費が上がってしまったら…。

 
そしてこれ
ちょっと誤解を招かないか?w

「飛び出す」タイプの3Dだと思ってたわ… 

~~ 追記 ~~
 
もう一度動画を見直してみたが、目線の主役となるも物(プレイヤー)や一番手前に表現される物に
大きなブレが見られる(1.04~のサムス等)
この事から、視差による立体表現(飛び出す方)も多少は効果があるかも
ただ、正面からまっすぐに見ないと効果は無いし、逆に横からだと見えにくい
実機を見てみたいものだw

 
ついでに
どんなに飛び出して見えても画面の大きさ以上にはみ出る事はないので
どんなに飛び出しても、画面の小さいDSだと効果は薄いと思う。 Twitterボタン


コメント

  1. hitabon | URL | -

    飛び出すものと思ってました(笑

    確かに2つ目の動画はがんがん飛び出していますね^^;

  2. マッキ | URL | -

    あれは誇大広告ですよねぇ…
    あそこまで行くと、3Dというか、立体ホログラムw

    いつか立体ホログラムゲームとか出るんだろうなぁ…
    テーブルの上で小さな格闘家同士の戦闘とか
    地形がホログラムな戦略シミュレーションとか期待しちゃいますw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/1347-cc11fd8d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。