スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

三つ子の魂百まで

2010年10月19日 20:43

-- 昼休み --

今日は予報どうりの雨
雨の日は倉庫の掃除がしたい…
湿度が高いと埃が舞いにくいから ・w・b
しかし、カミさんが居ないし家の事やらいないと… 
 
「 ただいまー 」
 
お? 長男が帰ってきた
試験前で午前授業だったらしいw
 
マッキ 「 倉庫の掃除がしたいから、リビングとキッチンの片付けしといてくれる? 」
長男 「 わかった 」
マッキ 「 ついでに自分の部屋もかたせよ… 」
長男 「 はい… 」
マッキ 「 あw 明日は燃えるゴミの日だから、ゴミは玄関に用意しといてねw 」 
長男 「 はいー 」
 
家の中は長男に任せて俺は倉庫へ
まだまだゴミが多い… 先週だけでも200kgも捨てたのに… 
巨大な電動カンナ発見… こんなでかいの初めて見たwww
60*30cmくらいあるけど、重すぎるぞ?w
こんなの使うなら普通のカンナの方が簡単そうだけど…?w 
 
ガシガシと分別を進める
木についてる釘を抜いたり、エンビパイプを小さく刻んだり
昼休みと夜にちょっとづつ進めてる。 
 
あっという間に時間が来てしまい、仕事へ。
 
17:30
 
勝巳と長男用の夕飯を作って家に届けた
(トキヤと隆斗は近所の人に見てもらってる)

そこで愕然…
 
Twitterボタン
まったく片付いてない… それどころかカップラーメンを食べてそのまま放置
 
長男の部屋に行ってみると、ベットで爆睡中…
 
ブチッ 
 
頭をはたいて起こす
 
マッキ 「 おい、片付けはどおした? 」
長男 「 寝ちゃった… 」
マッキ 「 帰ってくるまでにやっとけ 」
長男 「 うん… 」
 
仕事に戻る。
 
19:30
 
トキヤと隆斗を迎えに行き帰宅
 
愕然パート2!!  

まったく片付いてない!
カップラーメンもそのまま
玄関にはごみ袋が1個置いてある。
 
ここまでくると怒りも湧いてこない…。
でもまあ、怒るべきなんだよね。
 
1階から2階の長男を呼ぶ
 
返事が無い
 
ただの屍のようだ 
2階へ上がり部屋に入ると
また寝てる!! 
 
ズボンのスソをまくって思いっきりひっぱたいてやった
 
長男 「 なに!? 」
 
マッキ 「 お前、片付けは? 」
長男 「 ん? やったよ? 」
マッキ 「 カップラーメンは? 」
長男 「 あ…忘れてた 」
マッキ 「 食器も洗ってない、お茶は出しっぱなし、ゴミは出してない 」
    「 片付けるって意味がわからないのか? 」
長男 「 わからなかった… 洗い物もするんだ、ゴミは自分の部屋だけかと思った 」
マッキ 「 お前さぁ、部屋の掃除しろって言われて、机の上は部屋じゃないとか言うのか? 」
長男 「 … 」
マッキ 「 今すぐやれ 」
長男 「 はい… 」
 
キッチンへ行き方付けはじめる
いきなり洗い物を始めようとするので一言

マッキ 「 先にテーブルの上のゴミを捨てて、出してある物を定位置に戻して 」 
    
ダラダラと動く…
イライラ 

マッキ 「 お前、集合かけて部活の後輩がダラダラと集合しても気にならないか? 」
    「 どんな態度でも、遅くても、遊びながらでも集合すればOKなのか? 」
長男 「 いや… 」 

洗い物に戻ろうとする

マッキ 「 水切りの食器を片さないで洗った物をどこに置くんだ? 」
 
長男ブチ切れ!
長男 「 自由にやらせてよ! 」 号泣 
マッキ 「 自由にやる時間は2回も与えただろ? やってないお前が悪いんじゃないのか? 」
    「 お前の言う自由ってのは間違ってるから指摘してるんだよ 」
    「 1から10まで言われないと出来ないってのは使えないって事なんだよ 」
    「 使われたくないなら上に立て、上に立ちたかったら出来るようになるしかないんだよ 」
    「 1を聞いて10をやるそうなってから文句言ってくれ 」

    「 早く終わらせたいなら順番を考えろよ 」

長男 「 … 」
 
ダラダラ… 
超ふてくされた顔してる… 
 
ブチッ  

マッキ 「 ダラダラやってんじゃねーよ! 」
    「 あと1年しかねーのに、家事もできねーでどおやって1人暮らしするんだ? 」
    「 誰かがやってくれるって思ってるからやるべき事がわからねーんだろ? 」
    「 1人暮らしになったら全部自分がやるんだよ、選べないんだよ、誰もやってくれないんだよ? 」
    「 自分の好きなようにしたいなら自立してからにしろ 」
 
長男大泣き… 高校2年生…泣くなよ…
 
三つ子の魂百までとは言うけど、実感しちゃう…
長男は4歳まで王様だった。
4歳で自分の部屋にご飯を運んでもらい、好きなものしか食べず
自分が動いた方が早くても、隣の部屋の母親を呼ぶような生活…。
 
俺と暮らしはじめてからは許さなかったし、厳しい部分は多かったと思うんだけど
性格は変わらなかった。
本当に自立出来るのか心配になる…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/1378-39e18b85
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。