スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

39.9℃

2011年07月30日 00:34

今朝早くにトキヤが起こしに着た
時間的に早いんだけど起床、カミさん、藍佳、隆斗はまだ寝てる。
 
勝巳とトキヤに朝ごはんを食べさせ、プールカードに記入
朝の仕事をこなしつつ、起きてこないカミさんが気になった。

部屋に行き起こしてみたがうなってる…  
 
マッキ 「 どおした? 具合悪い?? 」
カミさん 「 うん、長男に伝言頼んだんだけど… 」
マッキ 「 え… なんか子供向けアニメ見てるけど… 」 
 
熱を測ってみると39.9℃ これはまずい…
すぐに氷枕を用意して、冷えピタを額と首に貼り
わきの下にも氷をはさむ。
長男がちゃんと伝えてくれればもっと早く用意したのに… 
のんきと言うか、気の利かないにもほどがある。
 
ちょうど義母がお休みだったので来てもらい、一旦仕事へ
病院に電話をして事情を説明して病院へ
義母に頼んでも良かったんだけど、エリテマトーデスの事もあるし
状況を知りたかったので俺が連れて行った。
 
案の定、問診の段階でエリテマトーデスの事、症状の事、薬の事、治療の事などを聞かれた
病院についた時には40℃を超えていて、カミさんは話せるような状態ではなかった
子供がヘルパンギーナだった事も伝え、念のために血液検査と検尿をする。
 
先生の判断では、エリテマトーデスの重症化ではなく、ウィルス感染ではないかという結論
とりあえずは点滴をして解熱剤を飲み、様子を見る事になった。
 
俺は一旦仕事に戻り、迎えは義母にお願いした。
夕方にはだいぶ落ち着いていたが、顔色は最悪、夜に熱は下がったがそのまま寝かせた。 
 
明日も熱が上がるようなら再度点滴に来るように言われた。
 
そして、大人がヘルパンギーナを発症した場合
高熱が突発的に上がり、かなり長引くと言われた… 大丈夫だろうか… orz 
                                                                                                                                             Twitterボタン


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/1636-15a0a2f5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。