スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

悪化 ②

2014年05月29日 15:13

そんな日々の中、更なる症状が出ていたらしい。
 
少し前から血尿が出ていると・・・・
恥ずかしかったのかも知れないが、もっと早く言って欲しかった。
 
島の病院で血液検査と尿検査をした
確かに血液が混ざっているが原因は不明、腎臓に何かがおきてるかも?
と言うだけで、他の可能性は分からないと言う。
早めに東京の病院へ行くことを進められる。 
 
2日後、カミさんを連れて東京のかかりつけの病院へ行ってきた。
尿検査と血液検査をした結果、 「 溶血 」 による血尿で貧血の数値も出ている。
 
溶血とは、赤血球の細胞膜が、物理的または化学的、生物学的など様々な要因によって損傷を受け
原形質が細胞外に漏出して、赤血球が死に至る現象である。血液には白血球やリンパ球など
赤血球以外の血球成分も含まれているが、「溶血」は赤血球についてのみを対象とした用語であり
赤血球以外の細胞の崩壊について溶血という語を用いることはない。

 
カミさんの場合、膠原病による溶血と、薬による副作用による溶血の
2つの可能性があるという。
その為、毎日飲んでいる9種類の薬のうち、溶血を起こす可能性のある
2種類を止めて、ステロイドを倍にする事になった。
これでおさまれば良いが、進行した場合
血漿交換処置のため、長期入院とパルス治療の必要があるという。
 
通える距離に住んでいるなら通院でいいが
遠方だし、今日から入院することも考えた方がいいと言われたが
カミさんの強い希望で入院は無し、薬の調整のみで様子を見て
6月に検査入院という事になった。
 
もしも、風邪以外の発熱、意識障害が起きるようなことがあったら
すぐに連れてくるようにと言われたが・・・ すぐと言われても・・・。
 

Twitterボタン


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/1792-c318bdf2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。