スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

ぼくらの ② 森田宏幸

2008年05月05日 17:41

ふと、気になって『 ぼくらの 』の監督を調べてみた。

森田宏幸 代表作は 『猫の恩返し』『ぼくらの』
監督blogを見つけたので読んでみたが・・・ 炎上してた^^;

原因は、原作と漫画とアニメそれぞれ解釈の違いに対する
監督と視聴者の温度差、批判コメントに対する監督の対応。

『 原作のファンはアニメ版を見ないで下さい 』
『 私は原作は嫌いです 』

それは言っちゃダメだろwww
荒らし目的の人には最高のネタになり、炎上。

blogを読んでみると、この監督は自己表現に波が大きく、『批判は悲しい』と言う本音と
『 見た人がどう感じるかは自由 』と言う、理想が混ざり合い、芯がぶれてしまっている。

心無い荒らしのコメントも真面目で節度のある批判コメントも同列で扱い
必要以上に難しく考えてしまっている。

正直、原作とアニメの差はどんな作品にもあり、思い入れが強い程に不満はある。
しかしそれは個人の感覚も大きく、全ての人が納得するのは不可能。
ましてや芸術などではなく、仕事としての作品なのだから視聴者に寄りすぎても、離れ過ぎてもダメだと思う。

なんのためにアニメを作ったのか、自己表現の為なら原作物はダメだし
利益の為にしては、コアなファンを無視し過ぎている
原作が嫌いなのに何故『 ぼくらの 』を選んだのか? または引き受けたのか・・・

俺はそんなに考えずにアニメを見て、引かれた。
原作も読んでみたいと思うし、漫画もまだ続いてるので気になるw
俺はアニメや映画を見ていて、純粋に楽しむ事と、表現を読み解く事
両方の目で見ている、突っ込みたい処を見つけるのも楽しいが
ただ、つづきが見たいって思えればいいんじゃないかな?w
時間の密度もまた人それぞれだけど、大事な時間をさいてまで見たいと思えた俺には、『ぼくらの』はいい作品だと思う。

まあ・・・ 何が言いたかったのかわからなくなってきたけど・・・
前に、コーツさんに言われた 『 価値観の押し付けはダメ 』 真理はこれですねw Twitterボタン


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/579-0c7e05a1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。