スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterボタン

学習障害と聴力

2009年05月05日 20:20

4/15お昼の飛行機で勝巳の病院へ行った
 
4/15ってずいぶん前の事だけど、書かなかったのはちょっと頭にきてたから・・・
 

15:00の予約だったんだけど、病院についたのは13:30・・・
受付を済ませて座っていたら
 
看護士さん 「 マッキさ~ん、早くお見えになったようなので、やれる検査やっちゃいますか? 」
マッキ 「 はい 」
 
前回は8:00に受付して、病院を出たのが14:30
少しでも早く出来るのはラッキーw

3回目の聴力検査をした
今回は、小児耳鼻医療、バランス器官の専門家である
東大名誉教授の大先生に診察してもらったが・・・
 
Twitterボタン
診察に入ると・・・

周りの人はなんだwwwww
教授1人に、カルテ記入の秘書(?)2名、看護士3名、インターン(?)3名、医者(?)2名
けして狭くはない診察室がぎゅうぎゅうにwww

カルテを読み上げ、島で撮ったMRIを見る・・・・のは他の医者・・・
その書見を聞き、勝巳に問診する教授。
それをPCに打ち込む秘書①、MRI8枚の整理をしてる秘書②
ただ立ってるその他大勢・・・。

言葉による行動テストをしてみようという事になった。
テストをしたのは別の先生

丸で白、赤、青、黒
四角で白、赤、青、黒
大小それぞれ1枚づつで計16枚の紙を使い、先生が指示した通りに紙を動かしたり
触ったり出来るかのテスト。
30分程で終わり、結果を教授へ 
 
結果はほぼ問題なし。
 
その後、三半規管のテスト
片方の耳に冷水を注入し、カメラが付いたマスクをかけて目隠し
眼球の動きがモニターに映される。
通常は耳に水が入り、真っ暗になると、平衡感覚が崩れめまいを起こす
眼球は左右に小刻みに揺れる。
 
このテストでも勝巳は問題なし。
 
3つの検査を終えて、教授の結論は 「 問題なし 」
合計6種類の検査をしたことになる。
 
最後の問診
 
教授 「 えーと、学習障害?誰に言われたのかなぁ?w 」 
    「 島に専門機関はあるの?w 」   

 ( ´,_ゝ`)ップ ←こんな顔・・・


マッキ 「 小学校での巡回相談で、都立障害者センターの方に言われ、センターで3回のテストを受けてます。 」
     「 障害については前回もお話しましたが、図形認識による読書き障害です 」
     「 それに加えて、聴力とバランス感覚にも不安があり、こちらの検査を薦められたのですが・・・」

教授 「 あら、そうなのか・・・ まぁ、これは医療の範囲じゃないね 」 
    「 本人の努力の問題かな 」
    「 まとめとして、検査結果を書類にするから、問題ないと見せてあげなさい 」
    「 勝巳君、問題ないからしっかり勉強してお父さんを安心させないとね 」


だめだこりゃ・・・・

耳に問題がないのはわかったので安心したが、読み書き障害の意味をわかってない感じ
誰も聴覚障害があるなんてって無いのになぁ

勉強するためのヒントを得るべく努力してるのに、障害ではなく勉強不足って言い方にカチンときた。
かなりの上から目線だし、とてもめんどくさそうな態度。
診断結果は信用するが、今後かかりたいとは思えない先生だった。 



去年、隆斗が灯油を飲んで入院した、小児専門の大型病院の先生に相談してみた。
(島に赴任もしたこともあり、みんなお世話になってるw)
 
M先生 「 バランス器官は専門ではないけど簡単なテストはできるから、やってみましょうか 」
マッキ 「 是非、お願いします。 」
  
簡単なテストと、質疑応答。
 
M先生の所見
 
バランスに関しては通常よりも劣るけど、許容範囲
読書き障害との関連性についてはわからないけど、数値に見えない関係も多い
学習障害を持つ子供は運動神経も弱い事が多い、でも運動系の数値は正常なんです。
 
一番気になったのは 「 自信の無さ 」 かなり消極的で言葉から自信が感じられない。
お父さんが一緒ならまだいいけど、2人になるともじもじして落ち着きが無くなる。

それと、やっぱり「あれ」「それ」が多くてボキャブラリーが乏しい
長文の聞き取りが苦手で、長文記憶のテストでは最初の方を忘れてしまう事が多い。

勉強も大事だけど、気持ちの面で負担を無くしてあげるのが一番かなぁ
スクールカウンセラー、学校、両親がしっかり連携して、勝巳君によい環境を与えてほしい
まずは自信を取り戻しましょう!!!

4月から島に行くスクールカウンセラーはかなり熱い人みたいです
勝巳君の現状をしっかり見てもらって、カウンセラーから学校へ意見、提案をするのも大事です
両親からの要望はなかなか通らないけど、カウンセラーの意見は重視されます。
 
 
M先生はいい人だわ。
島では、1人当たりの診察時間を取りすぎて、病院側から怒られてたらしいけど
親身になってくれる先生って大事だと思うんだよね・・・。


コメント

  1. さんご | URL | -

    大きなとこってダメネー

    まずは患者さんの目線になってくれないと

    話しにもならないのにね



    先生自ら健常者と障害者の垣根を作っちゃってさ

    当たりの先生って少ないのよねぇ



    当たりに出会ったと思ったら

    一年で他に移動とか



    しょうないんだけどね

    先生も仕事だし



    切ないですね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://l2mm.blog11.fc2.com/tb.php/902-941d955d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。